ハードディスクのデータ復旧ガイドブック

信頼できるハードディスクのデータ復旧業者を見つけるために

第一位

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー
対応スピード/最短当日から
費用目安/20GB未満5,000円から
実績/2007~2015年度の業界取引実績トップ

問合せはこちら

第二位

LIVE DATA

LIVEDATA
対応スピード/最短当日から
費用目安/軽度障害29,400円から
実績/16年のデータ復旧実績あり

問合せはこちら

第三位

データ復旧センター

データ復旧センター
対応スピード/最短当日から
費用目安/軽度のOS・ウィルス障害20,000円から
実績/大手家電メーカーなどと取引実績あり

問合せはこちら

HOME » ハードディスクのデータ復旧業者リスト » データ復旧業者ランキング

データ復旧業者ランキング

ハードディスクのデータ復旧でおすすめの専門業者をランキング形式で紹介しています。

ハードディスクのデータ復旧でおすすめの専門業者比較ランキング

第1位 デジタルデータリカバリー

詳細情報はコチラ
デジタルデータリカバリーのHP画像
総合評価
対応スピード 最短当日から
料金の目安 成功報酬型
20GB未満/5,000円から、60GB以上/25,000円から、100GB以上/35,000円から、1.0TB以上/150,000円から  など
※総ディスク容量に比例した8クラスの料金設定
実績
(取引企業と対応件数)
取引企業/日本郵政グループ、東京ガス、三菱商事、東京大学、その他上場企業・官公庁・公益法人など取引実績多数あり
対応件数/年間15,000もの故障事例をデータ復旧(1日150台の復旧作業に対応)
その他
(技術力やセキュリティ)
2006~2013年度にかけてデータ復旧企業として取引実績がトップ
ISO27001とPマークを取得、スタッフ全員と個別に機密保持契約書を締結
データ復旧の設備投資は年間1億円以上、三重ロックのセキュリティと静電気防止対策が徹底されたクリーンルームあり
物理復旧/Windows/Mac/RAIDサーバなどカテゴリー別の専門チーム体制
独自のデータ復旧アドバイザー制度の研修を受けた専門スタッフが顧客対応

2006~2013年度にかけて、データ復旧企業として取引実績でトップを走る同社は、取引企業も公民含めて非常に多いです。

費用の設定も、ハードディスク容量20GB未満で5,000円~からと、低価格から細かな段階分けがなされており、素人目にもわかりやすいです。


第2位 LIVE DATA

詳細情報はコチラ
LIVEDATA
総合評価
対応スピード 最短当日から
料金の目安 成功報酬型
軽度/43,200円から
(データ削除、ディスクフォーマット、ゴミ箱での消去など)
中度/64,800円から
(リカバリー済みデータの復旧、ディスク基板やROMの損傷、軽度のセクター不良など)
重度/108,000円から
(ヘッド不良、モーターの不良、重度のプラッタ損傷など)
その他/最大で270,000円
(上記の障害が複合的に発生する場合など)
実績
(取引企業と対応件数)
取引企業/データ復旧モニター企業のみ公開
対応件数/不明(物理障害でも1日50以上対応可能)
その他
(技術力やセキュリティ)
16年のデータ復旧実績あり。10年以上の実務経験を持つベテランエンジニアが対応
最新鋭のデータ復旧機器PC-3000を導入
サン社やシスコ社などの世界的IT企業の専門的ライセンスを取得

論理障害の軽微なレベルから、重度及び複合的障害などのレベル別料金設定との2種類の料金体系が用意されています。

16年のデータ復旧サービス実績を持つなど、業界の老舗ともいえる存在です。


第3位 データ復旧センター

 

詳細情報はコチラ
データ復旧センター
総合評価
対応スピード 最短当日から
※有料オプションを使用すれば、最短5時間での復旧が可能
料金の目安 成功報酬型
レベル1/20,000円から
(軽度のOS障害、軽度のウイルス障害など、簡単に解決できる)
レベル2/55,000円から
(ファイル情報の破損・消失・異常、OS障害など、高レベル障害までの技術や設備を必要としない)
レベル3/135,000円から
(論理障害でも高レベルの技術や設備、時間を必要とするファイルシステムの重篤な障害や物理障害も含むなど、データ復旧が困難な障害)
レベル4/170,000円から
(著しいハードウェア破損を含む、データ復旧が極めて困難な障害)
実績
(取引企業と対応件数)
取引企業/ソニー、IBM、東芝、リクルート、明治大学、東京大学、日本航空、JR西日本など多数
対応件数/1998年創業から14年間で計20,000社以上
その他
(技術力やセキュリティ)
世界各国の同業者とデータリカバリーアライアンスを組織
新宿のラボに世界最高レベルのデータ復旧作業環境を構築
ISO27001とPマークを取得

大手企業、官公庁、教育機関といったメジャーな取引先から個人ユーザーまで、豊富なデータ復旧実績を持っています。

最短で即日対応が可能で、さらに制限時間を設定し、その時間内に対応するタイムリミットサービスなども含め、対応スピードはトップクラスです。


第4位 オントラックデータリカバリー(YE DATA)

詳細情報はコチラ
オントラックデータリカバリー(YE DATA)
総合評価
対応スピード 平均1~3日
料金の目安 詳細不明
※データ容量と損傷具合の掛け合わせによる復旧作業費を設定
実績
(取引企業と対応件数)
取引企業/保険会社やメーカーから個人まで多数
対応件数/日本国内で26000社以上の取引実績あり(2012年現在)
その他
(技術力やセキュリティ)
スタッフにはハードディスクの元設計者も在籍
ISO27001を取得

20年の歴史と20万件以上の実績を持つ、欧米で定評のデータ復旧サービスがオントラック。

それと連携し、ワイ・イー・データ社が日本で運営するデータ復旧サービスがこちらです。

ハードディスクのデータ復旧なら高技術・低料金なデジタルデータリカバリーが1位

ハードディスクのデータ復旧業者として、当サイトはデジタルデータリカバリーをおすすめします。

デジタルデータリカバリーは、2006~2013年度の8年間にわたって、データ復旧企業として取引実績でトップを誇る会社です。

1日150台の復旧作業に対応できるキャパシティを持ち、年間15,000の事例に対応しています。

他社で復旧ができなかったハードディスクが持ち込まれることも多いのだとか。

技術力が高く、対応スピードが速い、セキュリティ体制が万全なことはもちろん、料金設定も低めの設定なのも嬉しいところ。

なおかつ成功報酬型のため、データ復旧が成功した場合にのみ支払いが発生するため安心です。

初期診断、復旧後のバックアップ用CD・DVD代、復旧完了後の機器返送・郵送費も無料のため、いつのまにか費用がかさんでしまうという心配もありません。

ハードディスクに不具合が生じたのなら、まずはデジタルデータリカバリーに相談してみるのが良いでしょう。

デジタルデータリカバリーのHPはこちら

 

確実にハードディスクのデータ復旧をするために

ハードディスクのデータ復旧業者リスト

パソコンデータ復旧の知識 入門編