ハードディスクのデータ復旧ガイドブック

信頼できるハードディスクのデータ復旧業者を見つけるために

第一位

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー
対応スピード/最短当日から
費用目安/20GB未満5,000円から
実績/2007~2015年度の業界取引実績トップ

問合せはこちら

第二位

LIVE DATA

LIVEDATA
対応スピード/最短当日から
費用目安/軽度障害29,400円から
実績/16年のデータ復旧実績あり

問合せはこちら

第三位

データ復旧センター

データ復旧センター
対応スピード/最短当日から
費用目安/軽度のOS・ウィルス障害20,000円から
実績/大手家電メーカーなどと取引実績あり

問合せはこちら

HOME » パソコンデータ復旧の知識 入門編 » 論理障害と物理障害の違い

論理障害と物理障害の違い

このページでは、HDDのトラブルで、論理障害と物理障害がどのように違うか、データ復旧作業に関連して解説していきます。

HDDのデータ復旧における論理障害とは?

論理障害というと難しく感じるかもしれませんが、簡単に説明をすると、ハードウェア自体には障害はないが、データなどの情報部分に障害があるトラブルを意味します。

例えば、以下のような日常的によくあるトラブルも、論理障害に相当します。

  • 意図に反してゴミ箱に入れたデータを削除してしまった。
  • 間違ってドライブをフォーマットしてしまった。
  • ウイルスに感染してハードディスクやファイルを正しく認識しなくなった。
  • ハードディスクの増設などによって正常動作しなくなった。

こうした症状は比較的軽度な論理障害といわれ、ほとんどの場合、データ復旧は成功します。

一方で、直接の人為的要因がないのに、突然ファイルが壊れて開けなくなる、システムファイルが壊れてしまい、ディスクが認識できなくなることもあります。

こうした場合は、トラブルの原因を確定すること自体、素人には容易ではありません。

HDDのデータ復旧における物理障害とは?

物理障害は、文字通りハードウェア自体に不具合が生じている状態を意味します。例えば、以下のような症状が見られます。

  • ハードディスクから異音がする。
  • ハードディスクから焦げたような臭いがする。
  • ハードディスクのドライブが回転する音がしない。
  • 落下や水没などによって損傷させてしまった。

これらを素人が修理することは、まずできません。また、物理障害と論理障害が併発しているケースも多々あります。

HDDの障害時に注意すべきポイント

論理障害の場合で、誤って削除したファイルを復旧ソフトで取り戻したり、OSを復元することで正常動作するようになることもあります。

しかし、よほど詳しい方でなければ、ハードディスク復旧の専門業者に相談してみることをおすすめします。

多くの専門業者で、初期診断は無料ですし、トラブル後にデータを上書きする、複数回フォーマットすると、さらに状況を悪化させる危険性が高いのです。

さらに、物理障害の場合は、絶対に素人が手を出してはいけません。

ハードディスクを物理的に修理するには分解する必要があるのですが、その場合はチリやホコリが入らないクリーンルームで作業をしなければならないのです。

専門知識と技術はもとより、高価な専門設備もなければ分解することすらできない、それがハードディスクの物理障害におけるデータ復旧作業なのです。

 

確実にハードディスクのデータ復旧をするために

ハードディスクのデータ復旧業者リスト

パソコンデータ復旧の知識 入門編