ハードディスクのデータ復旧ガイドブック

信頼できるハードディスクのデータ復旧業者を見つけるために

第一位

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー
対応スピード/最短当日から
費用目安/20GB未満5,000円から
実績/2007~2015年度の業界取引実績トップ

問合せはこちら

第二位

LIVE DATA

LIVEDATA
対応スピード/最短当日から
費用目安/軽度障害29,400円から
実績/16年のデータ復旧実績あり

問合せはこちら

第三位

データ復旧センター

データ復旧センター
対応スピード/最短当日から
費用目安/軽度のOS・ウィルス障害20,000円から
実績/大手家電メーカーなどと取引実績あり

問合せはこちら

HOME » パソコンデータ復旧の知識 入門編

パソコンデータ復旧の知識 入門編

このカテゴリーでは、パソコンのデータ復旧に関連する基礎知識として、論理・物理障害の違いや費用相場、専用ソフトなどを紹介していきます。

ハードディスクの故障、論理障害・物理障害とは?

ハードディスクのトラブルは、論理障害と物理障害に大別され、実際に起きる症状は、それらのどちらかか、複合的に起きていることになります。

それらの文字が示すように、前者は論理的=データのトラブルで、後者は物理的=ハードウェアとしての機器の故障を意味します。

詳細ページでは、どんな症状がそれぞれ該当するかの具体的事例や、起こった際の注意事項を紹介しています。

データ復旧サービスの利用料金の仕組みと相場

最近のデータ復旧サービスは、初期診断が無料で、復旧作業も失敗した場合は費用がかからない成功報酬型が増えてきています。

また、復旧作業の料金体系は、業者によって設定条件がけっこう違っています。

全体傾向としては、データ容量やトラブルレベルの軽重に比例するのですが、実際に調査して見積もりをとってみるのが安心でしょう。

詳細ページでは、こうした料金体系の解説と、障害レベル別の費用相場を紹介しています。

データ復旧ソフトによる自力対応のリスク

データ復旧用の専用ソフトというものが、フリーソフトや有料ソフトでも複数あります。

かなりコンピュータに詳しい方が、こうしたツールを使って、自力でデータ復旧することを否定はしませんが、リスク要因があることも憶えておいてください。

詳細ページでは、そのリスク要因の解説と、事態を悪化させてしまった事例を紹介しています。

 

確実にハードディスクのデータ復旧をするために

ハードディスクのデータ復旧業者リスト

パソコンデータ復旧の知識 入門編