ハードディスクのデータ復旧ガイドブック

信頼できるハードディスクのデータ復旧業者を見つけるために

第一位

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー
対応スピード/最短当日から
費用目安/20GB未満5,000円から
実績/2007~2015年度の業界取引実績トップ

問合せはこちら

第二位

LIVE DATA

LIVEDATA
対応スピード/最短当日から
費用目安/軽度障害29,400円から
実績/16年のデータ復旧実績あり

問合せはこちら

第三位

データ復旧センター

データ復旧センター
対応スピード/最短当日から
費用目安/軽度のOS・ウィルス障害20,000円から
実績/大手家電メーカーなどと取引実績あり

問合せはこちら

HOME » 確実にハードディスクのデータ復旧をするために » こんな対応は絶対NG!

こんな対応は絶対NG!

ハードディスクのトラブル時に、素人が自分でデータ復旧しようとしたり、ハードディスクを分解しようとしたりすることで、事態を悪化させてしまうNGな対処を紹介していきます。

データ復旧させようとハードディスクの再起動をするのは危険

トラブルが発生した時、画面に再起動を促すメッセージが出ていれば、一般の方なら多くは再起動しようとします。

それで正しく起動することもないとはいえませんが、再起動することのリスクを紹介しておくので、ぜひとも覚えておいてください。

ハードディスクは、通電時すなわち起動させようとする時に、もっとも大きな負荷がかかるのです。

なにがしかのトラブルが発生している状態で、ハードディスクに高負荷かけることがリスキーなのは、素人でも想像がつくと思います。

再起動を繰り返すことで症状が悪化することもありますし、正常だった部分にも悪影響を与えかねないのです。

そういった意味では、トラブルが起きてから復旧ソフトをインストールして自分でデータ復旧しようとする試みも、再起動を伴うケースが多いので、おすすめはできません。

ハードディスクの物理障害で、素人がデータ復旧することは不可能

素人でもわかりやすい例として、ハードディスクから異音が出ているような場合は、かなりの確率で物理障害が発生しています。

この場合、ハードディスクを分解してパーツ交換するなどの処置が必要となります。

それには無菌状態のクリーンルームやメーカー・機種ごとの交換パーツ、そして高い専門知識と技術が不可欠です。

安易な気持ちでハードディスクを取り出して、ネジを外して分解してみようなどとは、絶対にしてはいけません。

電源を入れることなく、すぐにデータ復旧業者に相談すべきです。

すぐにでも依頼が可能なハードディスクのデータ復旧業者リスト

 

確実にハードディスクのデータ復旧をするために

ハードディスクのデータ復旧業者リスト

パソコンデータ復旧の知識 入門編