ハードディスクのデータ復旧ガイドブック

信頼できるハードディスクのデータ復旧業者を見つけるために

第一位

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー
対応スピード/最短当日から
費用目安/20GB未満5,000円から
実績/2007~2015年度の業界取引実績トップ

問合せはこちら

第二位

LIVE DATA

LIVEDATA
対応スピード/最短当日から
費用目安/軽度障害29,400円から
実績/16年のデータ復旧実績あり

問合せはこちら

第三位

データ復旧センター

データ復旧センター
対応スピード/最短当日から
費用目安/軽度のOS・ウィルス障害20,000円から
実績/大手家電メーカーなどと取引実績あり

問合せはこちら

HOME » 確実にハードディスクのデータ復旧をするために » 復旧可能なデータを知る

復旧可能なデータを知る

このページでは、ハードディスクや外付けHDDを自己診断して、データ復旧依頼に役立つ情報とするために、よくある症状例を紹介していきます。

ハードディスクのデータ復旧前に トラブルの症状をチェックする

ひとくちにハードディスクのエラーといっても、その症状は千差万別。一概に判断をすることはできません。ただ、ある程度は形式化されている部分もあります。

データ復旧業者への依頼前に、どのような症状が発生しているのかチェックすると、その後も作業がスムーズに進みます。

PCや内蔵ハードディスクに関連するトラブル症状例

黒バックの画面に「ご迷惑をおかけしています。Windowsが正しく起動できませんでした」という警告文が表示される

この場合、Windows OSに異常が起きている可能性が高いです。

複数の起動方法の選択肢が表示されていて、「セーフモード」で起動することでトラブル回避できる場合もあります。

ですが、状況によってはOS及びファイルシステムにさらなる異常が起きる可能性もあります。

また、再起動を繰り返すことで事態を悪化させ、プロのデータ復旧業者でも対処できなくなる危険性があるので、電源を落とすのが無難です。


黒バックの画面に「BOOT DISK FAILURE」という警告文が表示される

OSに指令を出すハードディスクのファイルシステムに異常が起きていることが懸念されます。

この場合も、再起動を何度もするようなことはせず、電源を落として専門業者に相談しましょう。


黒バックの画面に「Hard Disk ERROR」という警告文が表示される

これは、ハードディスクが正しく認識されていない状態です。

ハードディスク自体の物理障害の可能性が高く、パーツ自体が壊れていたり、制御するためのファームウェアが壊れていることが考えられます。

物理障害は専門設備と技術がなければ対処できないので、ハードディスクに通電しないようにするべきです。


黒バックの画面に「Operation system not found (OS not found)」という警告文が表示される

ハードディスクのファイルシステムが壊れて、OSを認識できない状態です。

また、ディスクのある部分が損傷していることもあり、この場合もハードディスクに通電しないようにしてください。


青バックの画面に英語のエラーメッセージが表示される

この場合は、パソコンの筐体の故障/ファイルシステムの異常/ハードディスクの物理障害などが考えられます。

OSの再起動はせず、電源を落とすようにしましょう。


OS起動時にWindowsロゴの画面のまま進まない

OSの不具合/ハードディスクの保存領域のトラブル/物理障害など複数要因といったケースが考えられます。

専門業者によると、OSの不具合自体は論理障害の中でも軽度に分類されるようです。

ですが、素人がデータ復旧しようとしたり、再起動を繰り返すことで、重度障害になってしまう危険性があります。


パソコン(内蔵ハードディスク)からカタカタやカチカチといった異音が出ている

ハードディスクのデータを読み書きするための磁気ヘッドという部分にトラブルが起きている可能性があります。

これは、磁気ヘッドが安定動作せず、磁気ディスク上を左右に動いていることによります。

ヘッド部分の変形など物理障害が懸念されるので、即電源を落とす必要があります。


パソコン(内蔵ハードディスク)から普段聞こえる回転音が聞こえない

ハードディスクの制御基板が壊れて、ディスクが回転していないと考えられます。

電源のショートや停電時、水没時などに発生することが多いようで、基板交換が必要となるため、自分で対処してはいけません。


意図せずにデータを削除してしまった

ゴミ箱からデータを削除しても、ハードディスク上からデータが消えたわけではありません。

ディスク上にバラバラに記録されているデータのパーツを組み合わせることで、そのデータを復旧することができます。

データ復旧ソフトで対処できることもありますが、不安な方は専門業者に相談しましょう。


意図せずにハードディスクをフォーマットしてしまった

この場合もディスク上のデータが消えてしまったわけではありません。

しかし、素人がなんとかしようとパソコンの操作を続けると、前のデータが保存されていた領域に、別なデータが上書きされて、復旧することができなくなります。

外付けHDDに関連するトラブル症状例

外付けHDDが認識できない

外付けハードディスクのファイルシステムに異常が起きていたり、ハードウェアの物理障害が考えられます。

パソコンをシャットダウンして、外付けHDDの電源も落としておきましょう。


「フォーマットして下さい」「初期化して下さい」という警告文が表示される

外付けハードディスクのファイルシステムの異常が考えられます。

強制終了やウイルス感染に起因するケースも多く、ディスク内のデータ管理が正しくできなくなっているのです。

ハードディスクのファイルシステムは、メーカーや機種によって違いがあるので、ノウハウを持った専門業者にデータ復旧を依頼すると安心です。


その他、異音の発生や、意図しないデータ削除やフォーマットの場合は、内蔵ハードディスクの項目を参考にしてください。

 

確実にハードディスクのデータ復旧をするために

ハードディスクのデータ復旧業者リスト

パソコンデータ復旧の知識 入門編